2018年1月31日水曜日

今治藩ゆかりの史跡④~大雄寺~

皆さん、こんにちは。

今治藩ゆかりの史跡を紹介するシリーズ、4回目に取り上げるのは松源院・法華寺と同じく今治城下の寺町にある大雄寺です。


大雄寺の山門

大雄寺は、文明年間(1469~1478)に大庵須益によって法界寺村(今治市玉川町)に建立された曹洞宗の寺院です。

関ヶ原合戦後、藤堂高虎が今治地域を治める事になると、高虎の養子である高吉が、実父・丹羽長秀(織田信長重臣)と実母の供養のため、大雄寺を法界寺村から寺町の現在地に移しました。

藤堂時代の大雄寺の様子はよくわかっていませんが、藤堂高吉の実の両親を弔うための寺院として、高吉から手厚い保護を受けていたのではないでしょうか。

大雄寺の境内には、藤堂家ゆかりのものとされる供養塔が今も残っています。


藤堂家ゆかりのものとされる供養塔

寛永12(1635)年、藤堂高吉が伊賀国名張(三重県名張市)に転封となると、入れ替わりに伊勢国長島(三重県桑名市)から徳川家康の甥にあたる松平定房(久松松平家)が3万石で今治に入ります。

これに伴い、大雄寺は藤堂氏の庇護から離れてしまいますが、今度は藩主・定房に従ってきた筆頭家老・久松長政(1564~1657)が亡くなった際、大雄寺に葬られた事から以後は家老・久松家(1000石)の菩提寺として位置付けられるようになりました。


今治藩で筆頭家老を務めた久松長政の墓(奥)。
空襲や芸予地震の影響で、損傷が目立ちますが、
筆頭家老の墓にふさわしい巨大な宝篋印塔です。

久松長政の巨大な墓の前には、7代当主久松清儀(1760~1812)の墓があります。


       
7代当主久松清儀の墓


        
この写真ではわかりづらいですが、側面には
「久松彦兵衛清儀」と刻まれています。

今治藩の筆頭家老を代々勤めた久松家ですが、5代当主長孝が不祥事を起こした事により一時的に失脚してしまいます。
孫の清儀の代になってから削られた石高も300石まで回復し、準家老的な立場までなんとか復権を果たしました。

残念ながら現在久松家の墓は初代の長政と7代の清儀の2人しか残されていませんが、同じ当主でも墓石の大きさの違いから久松家の栄枯盛衰がうかがえます。

なお、大雄寺は久松家だけではなく、上野家(150石)や深谷家(130石)といった給人と呼ばれた上級家臣の多くも菩提寺としており、各家の墓が今も立ち並んでいます。


                    今治城 伊津見

2018年1月10日水曜日

今治藩ゆかりの史跡③~法華寺~

皆さん、こんにちは。

昨年から始まりました今治藩にゆかりのある史跡を紹介していく本コーナーですが、今年も少しずつ更新していければ思っております。
よろしくお願い致します。

新年第1弾は、前回の松源院の記事に引き続き、今治藩主久松松平家とゆかりの深い寺院である法華寺を紹介したいと思います。

法華寺は、今治城下北側の寺町に立地する日蓮宗の寺院です。前回紹介した松源院からだと徒歩5分程のところにあります。


法華寺の本堂
法華寺は、元々今治市玉川町三反地にあった寺院で、江戸時代の寛文年間(1661年~1673年)に今治城下の新町に移転しましたが、火災による焼失を経て元禄8(1695)年に寺町の現在地に再度移転しています。

享保7(1722)年、3代藩主・松平定陳の娘で和泉国(大阪府)伯太藩主・渡辺家に嫁いでいた幾姫が亡くなると、今治藩から幾姫の位牌を安置する寺として指名され、現在に至るまで大事に守り続けています。

※ちなみに幾姫は江戸・麻布の日蓮宗妙善寺に葬られています。

以後、藩主の娘の位牌が安置されている寺として歴代藩主が参拝に訪れたり、供養料が寄進される等、法華寺は今治藩と深い関係を築きました。

歴代藩主やその家族の位牌は、元々今治の松源院や江戸の霊厳寺といった菩提寺に安置されていましたが、松源院の分は明治2(1869)年に廃寺となって別の寺に移された後に火災で焼失し、霊厳寺の分も大正11(1923)年の関東大震災で焼失してしまっています。

以上の理由で久松松平家の古い位牌はほとんど残っていないわけですが、法華寺にある幾姫の位牌はその中でも現存する数少ないものといえるでしょう。

大きさや華やかな装飾からも久松松平家の格式を偲ぶ事が出来る貴重な文化財です。

3代藩主松平定陳の娘の幾姫(法号:秋岸院殿妙窓日円大姉)
の位牌。大名家の娘の位牌らしく大振りで装飾も華やかです。
今治城 伊津見

2018年1月1日月曜日

今年のお正月

あけましておめでとうございます。

午前9時頃、天守最上階から瀬戸内海を望む


今治地方は、今年も元日は晴天に恵まれました。


来島海峡大橋がばっちり見えました。


そして今治城では、本日(1月1日)、特別イベントが行われていました。

3年前から毎年夏に今治城で行われて名物イベントになっている「海上自転車競走」が、お正月にエキシビジョンレースとして行われ、NHK総合テレビの「2018年新春!ニッポンふるさと“にぎわい”リレー!」で生中継されました!

海上自転車競走とは、ボートのついた自転車を水面に浮かべ、ペダルを漕いで進ませるレースです。
「海上」とあるのは、今治城の堀には瀬戸内海から海水が入ってきているので、堀を「海」に見立てているためです。

海(瀬戸内海)、自転車(しまなみ海道)、造船という、今治の特色3つを組み合わせ、今治のシンボルである今治城で実施するというナイスなイベントです。

色々なタイプの水上自転車の4チームが参加。

2チームずつ競走するトーナメント方式で、計3レース実施されました。

決勝レース前。スタート前の様子。

レースの様子。後続車を水しぶきで惑わしています(そんな作戦があるとは)。

でも最後は後続車が逆転して優勝!!

全国にアピールできたかな。

タレントのU字工事さん(栃木県出身)がリポーターで来場。レースにも参加されました。

(「ふるさと」を冠した番組なのに)「栃木じゃなくてゴメンねゴメンね~」

 
会場は大盛り上がり。
それにしても、全国放送の生中継はすごいですね。車や機材がたくさん集結し、「何かやっているぞ」感が満々。




城内の公園は、出店が軒を連ねて大賑わい。



城内にある吹揚神社への初詣に来て、今治城へも立ち寄ってくれています。






今年も、賑わいの中で一年の幕が開きました。


本年も今治城をよろしくお願いいたします。

今治城 藤本

2017年12月26日火曜日

今治藩ゆかりの史跡②~松源院~

皆さん、こんにちは。

今治藩ゆかりの史跡を紹介するシリーズ、第2回目は前回の今治藩主の墓でも少し触れました松源院を紹介したいと思います。

松源院は、浄土宗の寺で今治藩主久松松平家の今治(国元)における菩提寺になります。ここには歴代藩主の位牌が祀られ、境内の墓所には主に藩主の庶子達(側室から生まれた子ども達)が葬られていました。

創建は、明暦2(1656)年。寺の名前は初代藩主・松平定房の母親の法名からとったと云われています。
松源院に藩主が葬られる事はありませんでしたが、代々の藩主の位牌が祀られた菩提寺という関係から、格式の高い寺として藩から手厚い保護を受けていました。

また、一部の今治藩士の墓も同じく松源院や、その塔頭である永寿院・常照院に設けられており、まさに今治藩にとっては非常に関係の深い寺であったといえるでしょう。

さて、松源院は、今治城下の北側に設けられた寺町(藩が寺院を集めて作った地区)の一角にありました。現在の住所でいうと今治市風早町4丁目に当たりますが、残念ながらその痕跡は残されていません。

松源院跡地。現在は駐車場や住宅地になっています。

写真から見てもわかるように現在、松源院があった場所は駐車場や住宅地になっています。

これは、明治2(1869)年に藩主である久松家(前年に松平姓から久松姓に復姓)が、家の宗教を浄土宗から神道へ改宗した事に伴い廃寺となってしまったためです。
久松家がこの時期に神道へ改宗した明確な理由はわかりませんが、朝廷に対する配慮ではなかったかと推測されます。

その後、松源院跡地は近代の今治において特産品となった綿ネルを製造する工場や材木工場等に転用されました。

以上のように今治藩主の菩提寺として大いに栄えたであろう松源院は、現在その痕跡を地上に残していません。
唯一、当時を偲ばせるものとしては、松源院の本尊であった阿弥陀如来座像がすぐ近くの正法寺に残されています。

正法寺の本尊である阿弥陀如来座像。
かつては松源院の本尊でした。

この阿弥陀如来坐像は、松源院が廃寺になる際に、正法寺が元々松源院の住職の隠居寺であった関係で引き取ったと云われています。

寺町で最大の規模を誇りながらも明治時代初期に姿を消した松源院。
今ではその面影を探すのは難しいですが、周辺は今でも多くの寺院が立ち並んでおり、城下町のかつての風情を偲ぶ事が出来る数少ない地域です。

                    今治城 伊津見

2017年12月16日土曜日

今治藩ゆかりの史跡①~今治藩主の墓~

皆さん、こんにちは。

当ブログでは、これまで今治城の日々の出来事や今治城で行われたイベント等を中心に紹介していましたが、今回より今治藩にゆかりのある史跡の紹介も併せてしていきたいと思います。
地元の方や、旅行で今治に訪れて頂いた方に今治城以外の史跡にも興味を持って頂くきっかけになれば幸いです。

さて、ここから本題に移りますが、記念すべき第1回目は昨年秋の今治城特別展「今治藩主 久松松平氏の世界」でも取り上げました久松松平家の墓を紹介したいと思います。


県道38号線沿いに入口があります。

江戸時代、久松松平家は国元である今治と江戸の2ヶ所に墓を設けておりまして、今治では今回紹介する今治市古国分及び城下町にあった松源院に、江戸では以前当ブログでも紹介しました東京都江東区の霊厳寺にそれぞれ歴代藩主とその家族が葬られていました。

このうち歴代藩主で今治に墓があるのは、松平定房(初代)・松平定陳(3代)・松平定基(4代)の3人ですが、残りの2代及び5代~9代までの6人の藩主は江戸の霊厳寺に墓があります。
(10代定法のみ東京・谷中墓地)

今回は今治市古国分に残る定房・定陳・定基の3人の藩主の墓を紹介したいと思います。


県道38号線沿いの入口から趣のある石段が続きます。


石段を登った先には3人の藩主の墓が並んでいます

3人の藩主の墓は中世に国分山城が築かれた国分山の北東側にある小高い丘の上にあります。
上の写真で見ますと、左から定陳(3代)・定房(初代)・定基(4代)の順に並んでいます。

       
初代藩主・松平定房の墓


初代藩主・松平定房は、徳川家康の甥に当たる人物で江戸城大留守居役を任される等、江戸幕府からの信頼が厚い人物でした。藩主を退いた後は、この古国分地区に桐ノ木書院という屋敷を構え、悠々自適の隠居生活を送ったそうです。

       
3代藩主・松平定陳の墓
定房の墓から見て左側にあるのが、孫で3代藩主・松平定陳の墓です。

定陳は、在任中に新田開発や殖産興業を行って藩の立て直しを図る一方で、江嶋為信や岡部直明といった新参の家臣を家老に抜擢する等、人事面でも改革を推し進めました。

元禄11(1698)年、備後国(広島県)福山藩主の水野家が改易になった際には、福山城の接収を幕府から命じられる等の大役も果たしています。


4代藩主・松平定基の墓

最後に定房の墓から見て右側にあるのが、定陳の息子で4代藩主・松平定基の墓です。

定基の時代は蒼社川が何度も洪水を起こしたり、干ばつや城下町が火災で焼失する等、自然災害に何度も見舞われたため、藩の財政が逼迫していく事になります。
定基は家臣に対して支給する禄(給料)の削減といった緊縮政策を行いますが、藩の財政が好転する事はありませんでした。

以上、3人の藩主の墓とそれぞれの簡単な事跡を紹介しましたが、いずれの墓も宝篋印塔という形式で高さが3.6メートルという大名家の墓にふさわしい威容を備えているのが特徴的です。


定房の墓から海側を望む。樹木の向こう側は唐子浜です。

これら3基の墓は、いずれも海側(唐子浜)を向いて立っています。現在では、上の写真のように樹木に覆われていますが、かつてはここから穏やかな瀬戸内の景色を望む事が出来たのではないでしょうか。
墓を構えるには最高の立地といえます。

さて、上の写真には石灯篭がたくさん並んで写っているのが見えると思いますが、誰が奉納したものかわかるでしょうか?

実はこの石灯篭、今治藩の家臣達が奉納したものなんです。
その数なんと67基!
3人の藩主を守るが如くズラッと並んでいる姿は壮観といえるでしょう。
その一部をここで紹介致します。




上の写真に写っているのは、4代藩主・定基の墓の前に並んでいる石灯篭のうちの1つです。定基の時代に加判役(家老)を勤めた鱸重親が奉納したものです。



少し見えにくいですが、「鱸五郎右衛門 平茂親」と刻まれているのがわかります。



同じくこちらも4代藩主・定基の墓の前に並んでいる石灯篭のうちの1つです。今治藩で筆頭家老を勤めた服部正令が奉納したものです。


「服部逸軒 平正令」と刻まれているのがわかります。
なお、服部正令は3代藩主定陳の娘を正室に迎えていますので、定基とは義兄弟の間柄という近い関係になります。

このように古国分にある今治藩主の墓は、藩主と家臣という主従関係が一目でわかる空間になっているのが特徴的と言えるでしょう。
江戸時代初期~中期の大名家の墓所の様子がわかる上でもここは貴重な史跡です。

因みにここは愛媛県史跡にも指定されておりまして、今治市だけでなく愛媛県にとっても貴重な史跡として位置付けられています。

                   今治城 伊津見

2017年12月7日木曜日

鉄御門・武具櫓外壁改修工事のお知らせ

皆さん、こんにちは。

今治城ホームページのお知らせの項目でも告知済みですが、現在今治城では、お城の「表玄関」に当たる二之丸鉄御門と隣接する武具櫓の外壁改修工事が行われています。



鉄御門(中央)と武具櫓(右)。
鉄御門は今治城の表の顔になっています。

鉄御門は、城外から二之丸に入るための入口で、扉に鉄板を貼っている事からその名が付いたと云われています。
藤堂高虎が考案したという枡形虎口を備えた鉄御門は、その規模からまさに二之丸の「大手門」としての風格を持っていたといえるでしょう。

残念ながら、明治時代に入って今治城が廃城になると撤去されてしまいましたが、平成19(2007)年に文献調査・発掘調査の成果を基に復元されました。

一方、鉄御門に接続している武具櫓も明治時代初期に失われた建物ですが、こちらは鉄御門よりも前の昭和55(1980)年に復元されたものです。


鉄御門の北側に接続している武具櫓。

鉄御門と武具櫓が並び立つ光景は、かつての今治城の面影を彷彿とさせるものですが、鉄御門は復元されてから今年で10年。武具櫓に至っては今年で37年が経過したため、外観に傷みが目立つようになりました。

そこで、今年の10月から鉄御門と武具櫓の外壁部分の大規模改修工事を行う事になったのです。


外壁の下半分を覆う下見板張。
復元から10年が経ち、色が褪せてきています。

鉄御門の名前の由来になった、扉にびっしり貼られた鉄板。
こちらもサビや汚れといった傷みが目立ちます。

門の上部の冠木梁。
こちらも鉄板が貼られていますが、傷みが目立ちます。

今回の工事では、上記の写真で紹介したような箇所を改修していく予定でいます。
具体的には、下見板張部分や扉の鉄板等の塗装を中心とし、併せて外壁についた汚れの除去やサビ止めの塗布も行う予定です。


すでに鉄御門の一部には足場が組まれています。


工事期間は平成30(2018)年3月2日までを予定しております。
期間中は、今治城に来られるお客様や地域の皆様にご迷惑をおかけするかと思いますが、何卒ご理解ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                   今治城 伊津見

2017年11月23日木曜日

特別展展示説明会(2回目)を行いました

皆さん、こんにちは。
当ブログとしては珍しく2日続けての連続投稿となります。

本日は、現在山里櫓にて開催中の特別展「今治藩の家臣団」の第2回目となる展示説明会を1400から開催しました。







今回は郷土史に興味をお持ちの地元の方や、遠く名古屋(!)からこの展示説明会の事を聞いて駆けつけてくださった旧家臣の末裔の方等、総勢20名以上のお客様が参加してくださり、これまで開催した説明会の中では非常に盛況なものとなりました。

参加者の中には今回史料を出陳してくださった旧家臣の末裔の方もおられ、主催者としてもゆかりの史料を説明する事が出来て感慨深かったです。

そして本特別展の期間ですが、12月3日(日)までとなっております。
興味はあるけどまだ見ていないという方、お早めにお越しください!



                    今治城 伊津見