2016年8月21日日曜日

第25回 今治市民カッター競技大会

こんにちは。

お盆を過ぎても、全く涼しくならない今日この頃。。。
熱中症には十分気を付けて過ごしていきましょう💦

今日は、毎年恒例のイベントが今治城のお堀で開かれています。

「今治市民カッター競技大会」です!!





カッターとは、オールを漕いで進ませる手こぎボートの一つです。




カッターは、大型の船に載せられていて、遭難者の救出や緊急時の脱出用などに用いられるものです。
このような本来の役割のほかに、船に慣れ親しむために、学校や海洋少年団での体験学習で用いられたり、競技が行われたりしています。

今治城の堀には、今治海洋少年団が使用するカッターが常置されていて、定期的に練習も行われています。

今治のカッターの聖地ともいうべきこの堀で、毎年夏に開催されるのが、市民カッター競技大会です。


この大会、今年で25回目を迎えました!!
すっかり今治城の夏の風物詩になっています。


今治城の堀って、とっても広いし、真っすぐなんですね。
水上競技にうってつけだなあ、と改めて思います。







 今年は今治市内や市外から、32チームが参加していました。2艘ずつで競争して、タイムを競います。

漕ぎ手が息を合わせて漕がないと、スムーズに前に進みません。
チームワークが大切です。



参加者の方や、応援する人。
みなさん、夏の一日を大いに楽しんでいましたね。



来年以降もますます盛り上がってほしいです!!


学芸員 ふじもと



2016年8月5日金曜日

学芸員実習

皆さん、こんにちは。
毎年この時期、今治城だけでなく全国の博物館・美術館では学芸員の資格取得を目指す大学生を迎えて学芸員実習が行われます。昨年の今頃もブログ記事で紹介しましたが、ここ数年今治城も実習先として選ばれるようになり、この時期の風物詩(?)となっております。
今年も7月27日・28日、8月1日~3日の計5日にわたって大学生1名を迎えまして実習が行われました。
基本的な実習内容としては①古文書・典籍の扱い方、②掛軸の扱い方、③刀剣の手入れの仕方を学生さんに学んで頂きましたが、日常生活で生の史料を扱う機会はほとんどありませんからものすごく緊張されたと思います。
そして、昨年もそうだったのですが今年の実習の総仕上げは学生さんに収蔵品を選んでもらって、それを実際に天守4Fに展示するというもの!
選んでもらった史料の点数は1点と少なかったのですが、その史料の選定から解説用キャプションの作成、そして実際に展示ケースに設置するところまでを学生さんに体験してもらいました。
初めての体験なので非常に大変だったと思います。


説明用のキャプションを作成中

これが完成したキャプションです!
我々学芸員が作るものよりオシャレな気がします。

いざ、展示へ!


慎重に慎重に…
実習で学んだ事が生かされています。


完成しました!

以上のように無事掛軸を展示するところまで滞りなく行う事が出来ました。
しかし、実際にはこの後掛軸の位置や傾きを修正する等、細かい微調整が続きましたので、1つの作品を展示するだけでもどれだけ手間がかかっているのか、学生さんも肌身で実感されたと思います。

今後、他の博物館や美術館に行かれた時に展示を見て、その舞台裏に思いを巡らせてくれたらこちらとしても嬉しい限りです。

5日間にわたる実習大変お疲れ様でした。

                           

                               今治城 学芸員

                                  伊津見


2016年7月31日日曜日

海上自転車競走

こんにちは。
相変わらず暑すぎる日々が続いております。

今日、そんな暑さを吹き飛ばすべく、爽快な催しが今治城のお堀で行われました。




「海上自転車競走」です。


スタート地点


海、いやいや、今治城の堀にボートのついた自転車を浮かべ、ペダルをこいで前に進めるのです。競走するのです。


順調に進んでいます。


なぜ堀が海なのか?

それは、今治城の堀には海水が入っているからです。

堀=海と言っちゃってもいいんです!!


昨年、初めて行われました。

今年、2回目。

もう、今治城の夏の風物詩になる雰囲気が漂っています。

夏らしい光景です。



そもそも、堀は敵の侵入を防ぐために造られたもの。
今治城は、敵を困らせるために、普通の城よりも幅の広~い堀にしました。

それから400年後、「幅が広いんでレースできるね」となりました。

平和な光景です。


昔の人もビックリ!!
ナイス発想です!!


みなさん、がんばってペダルを漕いでいました。

気持ちよさそうにひっくり返っていました(約1名)


来年も楽しみです!!

みなさんも来年にチャレンジ、いかがでしょうか?


学芸員 ふじもと

2016年7月24日日曜日

わんぱく「きずな塾」

こんにちは。
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

ただいま、夏休み真っ最中!!

今日は、今治城の広場にこどもたちがたくさん集まっています。






これは、今治青年会議所のみなさんが主催している「わんぱく「きずな塾」」という催しです。

今治市在住の小学4~6年生約100名が、昨日から保護者から離れて、自分たちでご飯をつくって食べたり、みんなで寝たり、町を探検したりしたそうです。


楽しそうですね!!


そのこどもたち、今、何をしているのかというと、



竹を使って工作したり、

板に絵を描いたり。



最後にこれらが組み合わさると、「しまなみ海道」の大きな模型になるそうです。


すごいですね!!


また、今治城の昔の絵図をもとにして、
お堀の跡は今はどうなっているかを調べ、地図に書き込み、


こんな感じで。


最後は、今治城の大きな「今昔マップ」になるそうです。



すばらしいですね!!



こども達にとって、きっと良い思い出になりますね。
がんばってください!!




学芸員 ふじもと


2016年6月5日日曜日

第2回特別展展示説明会を行いました。

先週よりブログ上でも告知しておりました第2回特別展展示説明会を山里櫓で1400から行いました!


今日は天気が悪いため、参加者の数が前回より少なくなるものと予想しておりましたが、それでも20名前後のお客様が参加され、熱心に説明を聞かれていました。


今回の特別展に伴う展示説明会はこれが最後でしたが、前回と併せて多くの方に参加して頂き、誠にありがとうございました。

今後も特別展を開催する際には、このような説明会を定期的に設ける予定ですので、ぜひまた参加して頂ければと思います。


なお、特別展「高虎と高吉~今治に伝わる藤堂氏二代の足跡~」は今月12日(日)までの開催となっております!

まだご覧になられてない方、お早目に今治城までお越しください!




                               今治城 学芸員 伊津見

2016年5月31日火曜日

第2回特別展展示説明会のお知らせ

現在今治城で開催中の特別展「高虎と高吉~今治に伝わる藤堂氏二代の足跡~」ですが、いよいよ終了の日にち(6月12日)が近づいて参りました。


興味あるけどまだ見に行ってない!という方もおられると思います。(恐らく…)


そこでお知らせです。

6月5日(日)1400より会場である今治城山里櫓において第2回目となる展示説明会を開催致します!

たくさんある展示品の中でもポイントとなるモノに焦点を当てて、今治城の学芸員が40~50分程かけて解説致しますのでぜひこの機会にお越しください!


解説版には書いていないエピソード等も聞けると思います。

よろしくお願い致します。

藤堂高虎もお待ちしてます!
                                              今治城 学芸員
                                                 伊津見

2016年5月14日土曜日

第1回特別展展示説明会を行いました

本日1400より山里櫓にて特別展の展示説明会を行いました!


藤堂高虎と養子の高吉、そして展示史料の特徴やエピソードについて学芸員が解説致しました。高虎と高吉についてより理解が深まったのではないでしょうか。


次回は6月5日(日)1400から開催致します。多くの方の参加をお待ちしております。


              


                      

                                          学芸員 伊津見